読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【書評】朝井リョウ「何者」のレビュー

こんにちは.3月が近づいてきて,就活の時期が近づいていますね. リリースされたのは少し前,ですが,朝井リョウさんの「何者」を実にタイムリーな時期に読みました. 就活生ならば,この本を読むタイミングは考えなければいけないかもしれません. これを…

【書評】「夢をかなえるゾウ」で自分を変えられるか

自分を変えたいと思っている人はどのくらいいるのだろうか. 夢をかなえるゾウ文庫版 作者: 水野敬也 出版社/メーカー: 飛鳥新社 発売日: 2011/05/20 メディア: 文庫 購入: 15人 クリック: 44回 この商品を含むブログ (40件) を見る この本は周りが読んでい…

【書評】~小話は男の小道具~「開口一番」レビュー

こんにちは,彳亍です. 最近加湿器を導入しました. 煙の出るオシャレなものですが,気を許してつけたままで寝ると朝周りが水びだしになっていました... 性能のあまり高くない加湿器を使うときは飽和状態のその先まで読む必要がありそうです. 開高健さ…

【書評】「コンビニ人間」を読む~「普通」とは何か~

こんにちはm(_ _)m 正月の贅沢により明かに太りました. でも周りからは正月を通して「痩せた」との報告は聞いたことがありませんね. コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ …

【書評】「本日は,お日柄もよく」を読んで言葉のもつパワーを知る

こんにちは,彳亍です.m(_ _)m 今年も残り少なくなってきました.普段手にする本はなんとなくで選びますが,一年を締めくくる本となると,話は別かもしれませんね. 来年もどんどん本のレパートリーを増やしていきたいものです. 本日は、お日柄もよく (徳…

【書評】「点と線」の面白さについて考えてみる

こんにちは,彳亍です.(*´з`) 折角なので,読了した本も記録していこうかと. 他にも本のレビューを書いていらっしゃる方々の足もとにも及ばないかもしれませんが,少しでも読んでみたいな,という気持ちになってくれたらうれしいです. 点と線 (新潮文庫) …

ダン・ブラウンのラングドンシリーズの魅力について素人目線で書いてみる

どうも,彳亍です( . .)φ 読書ガチ勢というわけではありませんが,月に3~4冊のペースをなんとなく保っている今日この頃. たぶん「人生を変える」とか「死ぬまでに一度は読みたい」といった,”読まなければいけない”名作は探せばたくさんあると思います. …