読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常識を覆すようなアンドレ・シフのバッハ

クラシック ピアノ

3月21日にアンドレ・シフのピアノリサイタルがあります.

 

今年自分はチケットを手に入れ,そのリサイタルに運良く行けることになりました.が,実はシフについてはテレビで何度か見ただけであまり彼については良く知りませんでした.

 

これは少し予習せねば!ということで試しに聴いてみたのがこちら.

バッハ/インヴェンションとシンフォニア

バッハ/インヴェンションとシンフォニア

 

 インヴェンションとシンフォニア

他の方がどの曲を弾いて学んできたかはあまり良く分かりません.

が,ピアノを習う過程でこの曲を経験した人は少なくないはず!

 

改めて聴いてみると二声も三声も綺麗な曲ですね~.

 

アンドレ・シフについて

アンドレ・シフ(アンドラ―シュ・シフという表記もあります)は1953年生まれ,ハンガリー出身のピアニスト.

 

もちろんプロのピアニストですから,バッハ,ハイドンモーツァルトショパン,リストなど何でもこなします.

 

ただ,TVで彼を見かけるときは決まってベートーヴェンを弾いているイメージがありました.調べてみるとベートーヴェンの演奏による業績もたたえられてるそう.

 

また,共演もさることながら,自分で指揮もしながらピアノを弾いてしまうという,「弾き振り」もこなす超人なんですね~.

 

一風変わった(?)バッハ

インヴェンションを練習していた日々を懐かしみながらさっそく再生.

 

ところがこのインヴェンション,一曲目から驚かされました.

 

インヴェンション一曲目.なんとまぁ,ヌルッとした演奏であることか(笑)

 

いろんな作曲家の曲の演奏のイメージとして,こんな絵があります.

f:id:yaneura730:20170221225745j:plain

https://www.reddit.com/r/piano/comments/4150zc/hands_according_to_pianists/より引用

 

バッハのイメージはジブンの中でもまさにこんな感じ!

 

まるで機械仕掛けのように,ノンレガートできっちり淡々と弾き続ける,そんなイメージがありました.

 

ところがシフの演奏はすごい.

 

機械の手に油をさし過ぎて潤滑が良くなり過ぎたような,氷の上に立って一歩一歩うまく歩けなくなってしまったような,そんな演奏になっていますね.

もしかしたらグレン・グールドが聴くと怒ってしまうかもしれませんね(笑)

 

こんなバッハは聴いたことがなく,かなり新鮮な演奏でした.

 

終わりに

3月に開催されるリサイタルはモーツァルトベートーヴェンハイドンシューベルトの計4曲.

 

その時もまた彼は驚くような演奏を聴かせてくれることでしょう!

 

 

今回はこんなところで.

読んでくださってありがとうございます.